WISE ~文武両道の科学~

WISEはスポーツを深く楽しむための「文武両道」の研究に特化したスポーツ教育メディアです

 
幼児

一流が教えてくれた「究極の個性」とは?

20150228-152126.jpg

blog_banner_u12  

「究極の個性」とは?

どうやら「個性」には極地がある。

FC東京の権田選手が語った一言に大きなヒントがあります。

「代表になるような選手は、何でもできるうまさはあるが、何でもかんでもうまくやろうとはしない。アルゼンチンはメッシもミリートも自分の得意な形でプレーをしていた。チームの戦い方があって、その中で自分の個性をどう出すかをよく知っていたし、それがチームの力になることも理解していた。」
権田修一

究極の個性は「人並み以上にできるけどやらない」の先にある

一流は、ある特定の分野において、人並み以上に対応できる高い基礎能力を持ちながら、更に「自分の得意な型」も磨き続けている…

どの分野でも、ここまで辿り着けばすごい…

「個性」という言葉が強調されるようになってきた時代ですが、「究極の個性」という極地があることもしっかりと認識しておきたいですね。

  TOC-nomal
 

子供の自己完結力を身に付けさせるためのお母さんの工夫

blog_banner_u12  

あるお母さんの子供への対応が素晴らしいと思ったので備忘録を…

そのお母さんは、子供と何処かへ出掛ける時は出来る限り時間的余裕を作った状態でお出掛けするそうです。

そうすることで、
「そろそろ時間よ!」
「もう早く帰るよ!」
「いつまで遊んでるの!」

…と言った言葉を無くすことができるため、子供に自分で遊びを完結させることが出来るとのこと。

子供達も遊びを自己完結できるまで夢中になる時間を作れ、お母さんも「お母さんも楽しかった!」という言葉で気持ちよく帰れるそうです。

  TOC-nomal