WISE ~文武両道の科学~

WISEはスポーツを深く楽しむための「文武両道」の研究に特化したスポーツ教育メディアです

 
モチベーション

中田英寿が「人生の旅」に夢中になる理由を本気で子供たちに伝えたい

blog_banner_u12  

遊びも一生懸命遊ぼう

元サッカー日本代表の中田英寿さんが自身の「人生の旅(放浪)」に関して、その価値観を以下のように語っていました。

遊びも一生懸命やるから楽しい
中途半端に遊んだらつまんない

ここまでは多くの人が何となく気が付いていると思いますが、さらに中田さんはこう続けます。

遊びも仕事も一生懸命やる方がいいし
遊びも一生懸命やっていれば仕事になる。

彼だからこそ「一生懸命がいつか仕事になる」という根拠に説得力を加えられという考え方もあるかもしれませんが、それでも子供達を見ていると何かを考えさせられます。

今を一生懸命遊べているか?

これはその道のプロになった人だけにしか語れない。

サッカー界のレジェンドの言葉だからこそ。

だって僕らがみんなサッカーでプロになった理由は、子供の頃に(サッカーという)遊びを一生懸命やったから

だからこそ、スポーツでプロ・頂点を目指す子供達には伝えてあげたい。

本当に夢中で楽しんでるか?

  TOC-nomal
 

スポーツをさせている親が練習後の子供に絶対に言ってはいけないこと

blog_banner_u12  

子供を「ゼロ」にしてしまう痛恨の声掛け

ある体操オリンピック選手を育てた父親が語った「練習後に親が子供に言ってはいけないこと」が印象的だったので整理してみました。

典型的な「子供の可能性を潰す親の声掛け」
・あなた今日はダメだったね
・あなた○○くんに負けてたね

このような言葉を掛けてしまう時、得てして親は「評論家」になってしまうとのこと。

なぜこういう言葉を掛けてはいけないのか?

ネガティブな言葉は子供を「ゼロ」にしてしまう

そのネガティブな言葉によって以下の悪影響があると仰られていました。

(1)指導者が教えた努力がゼロになる

(2)帰ってご飯食べようとする食欲がゼロになる

(3)今まで褒められた記憶がゼロになる

自分もスクールに通わせている息子がおりますが、本当に気を付けないといけないですね…

  TOC-nomal
 

努力には危機感も必要

blog_banner_u12  

いつも側にいる友人・知人・幼馴染が、信じられないくらい努力をして、夢を掲げ、輝き始めている…

自分は一人だけ置いてかれてしまうかもしれない…

その感情が、危機感が、何かを変えるキッカケになってくれる

  TOC-nomal