WISE ~文武両道の科学~

WISEはスポーツを深く楽しむための「文武両道」の研究に特化したスポーツ教育メディアです

 
成功

中田英寿が「人生の旅」に夢中になる理由を本気で子供たちに伝えたい

blog_banner_u12  

遊びも一生懸命遊ぼう

元サッカー日本代表の中田英寿さんが自身の「人生の旅(放浪)」に関して、その価値観を以下のように語っていました。

遊びも一生懸命やるから楽しい
中途半端に遊んだらつまんない

ここまでは多くの人が何となく気が付いていると思いますが、さらに中田さんはこう続けます。

遊びも仕事も一生懸命やる方がいいし
遊びも一生懸命やっていれば仕事になる。

彼だからこそ「一生懸命がいつか仕事になる」という根拠に説得力を加えられという考え方もあるかもしれませんが、それでも子供達を見ていると何かを考えさせられます。

今を一生懸命遊べているか?

これはその道のプロになった人だけにしか語れない。

サッカー界のレジェンドの言葉だからこそ。

だって僕らがみんなサッカーでプロになった理由は、子供の頃に(サッカーという)遊びを一生懸命やったから

だからこそ、スポーツでプロ・頂点を目指す子供達には伝えてあげたい。

本当に夢中で楽しんでるか?

  TOC-nomal
 

最後の最後には執念がものを言う

blog_banner_u12  

なぜなら成功の途中には必ず険しい道が待っているから

苦難や失敗と向き合うから、進むべき道に気付き。

執念があるから、いつかその厳しい道を成功に繋げることができる。

貴方は苦しい時に執念を見せられますか??

そんな備忘録。

【参考データ】

  TOC-nomal
 

見込みのある子供が負けた時に発する言葉

blog_banner_u12  

負けず嫌いは見込みがある

大人のコーチが小学生の練習に混ざる時があります。大人のコーチと言っても、つい最近まで現役バリバリの選手達です。

そういう高いレベルの大人とプレーして負けた時に「クソっ!」と悔しがれる子供は見込みがあります。

逆に、「負けてた当たり前」という空気を出したり、最初から諦めたり、こういう子達はもう少し高い意識を持たないと、知らない間に差がついてしまいますね。

彼らの負けず嫌いをどう伸ばしていくべきか。。

日々勉強です。

  TOC-nomal
 

100%失敗しないための鉄則

blog_banner_u12  

絶対に失敗しない最強の鉄則。

それは…

目標を持たず

リスクを負わず

行動を起こさないこと。

その代わり、成功もない。

成功したのかも、失敗したのかも分からず、改善の方法も見つからない。

  TOC-nomal
 

個性を高めたいなら特定のセグメントを深く学ぶ

blog_banner_u12  

誰でも学べたり気付けたりすることばかり学んでいると、その人が社会に生み出せる価値もなかなか高まらない。

どこかの時期から特定のセグメントに絞り、学ぶ情報の質を深めていく必要がある。

それが個性というもの。

自分の個性に価値を認めてもらうためにも、常にそのセグメントを深く学び・研究し続ける必要がある。

  TOC-nomal