WISE ~文武両道の科学~

WISEはスポーツを深く楽しむための「文武両道」の研究に特化したスポーツ教育メディアです

 
自主性

中田英寿が「人生の旅」に夢中になる理由を本気で子供たちに伝えたい

blog_banner_u12  

遊びも一生懸命遊ぼう

元サッカー日本代表の中田英寿さんが自身の「人生の旅(放浪)」に関して、その価値観を以下のように語っていました。

遊びも一生懸命やるから楽しい
中途半端に遊んだらつまんない

ここまでは多くの人が何となく気が付いていると思いますが、さらに中田さんはこう続けます。

遊びも仕事も一生懸命やる方がいいし
遊びも一生懸命やっていれば仕事になる。

彼だからこそ「一生懸命がいつか仕事になる」という根拠に説得力を加えられという考え方もあるかもしれませんが、それでも子供達を見ていると何かを考えさせられます。

今を一生懸命遊べているか?

これはその道のプロになった人だけにしか語れない。

サッカー界のレジェンドの言葉だからこそ。

だって僕らがみんなサッカーでプロになった理由は、子供の頃に(サッカーという)遊びを一生懸命やったから

だからこそ、スポーツでプロ・頂点を目指す子供達には伝えてあげたい。

本当に夢中で楽しんでるか?

  TOC-nomal
 

子供の自己完結力を身に付けさせるためのお母さんの工夫

blog_banner_u12  

あるお母さんの子供への対応が素晴らしいと思ったので備忘録を…

そのお母さんは、子供と何処かへ出掛ける時は出来る限り時間的余裕を作った状態でお出掛けするそうです。

そうすることで、
「そろそろ時間よ!」
「もう早く帰るよ!」
「いつまで遊んでるの!」

…と言った言葉を無くすことができるため、子供に自分で遊びを完結させることが出来るとのこと。

子供達も遊びを自己完結できるまで夢中になる時間を作れ、お母さんも「お母さんも楽しかった!」という言葉で気持ちよく帰れるそうです。

  TOC-nomal
 

ある歌舞伎役者の子役育成方法

blog_banner_u12  

ある歌舞伎役者の弟子の育て方がとても分かりやすかったのでメモ。

自主性や努力への意識付けには、明確なタイミングがあるという考え方です。

小さい時はとにかく稽古を嫌いにならないこと。嫌いにさせないこと。嫌いになったらお終い。

その子に(歌舞伎の世界で)目標が見つかってきたら「稽古しないと舞台には立てない」という厳しさを伝えるようにする。

昔は常に厳しく育てたものだ…とのエピソードも。

歌舞伎の世界も時代の空気を読んでいるそうです。

  TOC-nomal
 

努力には危機感も必要

blog_banner_u12  

いつも側にいる友人・知人・幼馴染が、信じられないくらい努力をして、夢を掲げ、輝き始めている…

自分は一人だけ置いてかれてしまうかもしれない…

その感情が、危機感が、何かを変えるキッカケになってくれる

  TOC-nomal
 

プロは自主的に物事に取り組める

blog_banner_u12  

卵が先かヒヨコが先か

自主性は人が成長するための大きなエネルギーになります。

行き着く先は、その道の「プロ」なのかもしれません。

  TOC-nomal