WISE ~文武両道の科学~

WISEはスポーツを深く楽しむための「文武両道」の研究に特化したスポーツ教育メディアです

 
ブログ

元イタリア代表のスーパースターの一言がクリエイティブ過ぎる

blog_banner_u12  

元イタリア代表のスーパースターの一言がクリエイティブ過ぎる…

「私は三点の地味なゴールを取るより 華麗な一点を取るほうがいいそれがファンタジスタだ」
ロベルト・バッジョ

創造性とは見る者を魅了するためにある。

  TOC-nomal
 

100%失敗しないための鉄則

blog_banner_u12  

絶対に失敗しない最強の鉄則。

それは…

目標を持たず

リスクを負わず

行動を起こさないこと。

その代わり、成功もない。

成功したのかも、失敗したのかも分からず、改善の方法も見つからない。

  TOC-nomal
 

勉強は保険だけど… ある母親の本音がとても納得できた

blog_banner_u12  

中学生のあるお母さんが語っていたこと。

「勉強は保険」

ただ、ゴールデンエイジの時期の多くを「保険」に費やすのは何か勿体無い気がするな… と思っていたら、こうも語っていました。

「小学生の低学年の頃から夢中になれることが息子にあれば、受験勉強はさせていなかったかも…」

これも本音なんだろうなと。

子供が夢中になれる環境作りは本当に大切なのだと思います。

  TOC-nomal
 

仕組みで暗記を強化する方法

blog_banner_u12  

暗記の強化で多くの人が気付いていない重要なポイントは以下の2つ。

毎日の習慣にする
学習の回数を増やせば増やすほど記憶の定着も進みます。東大生や京大生の独特の勉強方法では、毎日の洗顔の際や、トイレの際に暗記を進めるなど、「習慣化」の工夫がなされていることも知られています。

思い出したい時のシチュエーションに近付けて記憶すること
例えば、試験で思い出すことを目標にするのであれば、試験と同じ環境・姿勢で覚えることが重要です。

  TOC-nomal
 

プロになるための最初の一歩は「プロの真似をする」こと

blog_banner_u12  

「守破離」という芸道の教えがあります。

守→師匠の真似をしながら学ぶ (理解しながら真似る)

破→その中で工夫しながら自分の型を作り上げる (真似ない)

離→オリジナルの芸として離れていく(最終的に存在そのものへ…)

まずは真似をするべき師匠・目標を見つけることから始まる

  TOC-nomal
 

個性を高めたいなら特定のセグメントを深く学ぶ

blog_banner_u12  

誰でも学べたり気付けたりすることばかり学んでいると、その人が社会に生み出せる価値もなかなか高まらない。

どこかの時期から特定のセグメントに絞り、学ぶ情報の質を深めていく必要がある。

それが個性というもの。

自分の個性に価値を認めてもらうためにも、常にそのセグメントを深く学び・研究し続ける必要がある。

  TOC-nomal
 

努力には危機感も必要

blog_banner_u12  

いつも側にいる友人・知人・幼馴染が、信じられないくらい努力をして、夢を掲げ、輝き始めている…

自分は一人だけ置いてかれてしまうかもしれない…

その感情が、危機感が、何かを変えるキッカケになってくれる

  TOC-nomal
 

受験を取るか、サッカーを取るか、それとも両方か

blog_banner_u12  

「受験のために一度サッカーを辞めます。」

それも一つの選択肢。

だけど、出来れば人生で一度くらい、「本気で二兎を追う」ことにも挑戦してみて欲しい。

本気で二兎を捕まえるためには、どのくらい工夫する必要があるのか?…深く考えるキッカケになる。

本気で二兎を追うものは、いつかその情熱が、二兎の捕まえ方に辿り着かせてくれるのだと思う。

  TOC-nomal
 

ちょっとした声掛けがコミュニケーションのコツ

blog_banner_u12  

海外に挑戦するアスリートには必須のコミュニケーション能力。

最初に交わす一言、去り際に交わす一言など、ちょっとした声掛けの工夫で人の気持ちは繋がるものだと実感した地元の駐輪場の朝。

image

  TOC-nomal
 

プロは自主的に物事に取り組める

blog_banner_u12  

卵が先かヒヨコが先か

自主性は人が成長するための大きなエネルギーになります。

行き着く先は、その道の「プロ」なのかもしれません。

  TOC-nomal